IoTを活用した生産管理とトレサビリティ

IoTシステムの社内構築と運用

TADAPLAではIoTを活用したトレサビリティと生産管理を行っています。

現場にタブレットをおき、日々の生産状況、実績を入力することで、リアルタイム管理を実現しています。

いつ、どの材料で、どの成形機で生産されたのか?という社内のすべての生産データを一元管理することで、万が一不良が流出した際の即時対応、該当ロットの即時判別、代替え品の早期納入を行い、市場クレームを最小限に留めることができます。

社内にIoT専門チームを置き、生産現場と連携し、実用性のあるTADAPLA独自のシステムを構築し、運用しています。

#生産状況の見える化

#IoT

#トレサビリティ

#MES(製造実行システム)

#工程のIoT管理

#ペーパーレス

#不良流出時の即対応

#日々進化

生産管理/成形実績(タブレットとクラウド管理)

検査の自動化
金型内圧力センサー

成形工程における、金型の型内圧力を数値化し、圧力波形をリアルタイムでモニタリングすることで、良品、不良品を判別します。

不良品と判別した場合は、自動でラインアウトすることで、量産品の不良品混入を未然に防ぐことが出来ます。

生産管理/成形実績(タブレットと管理システム)

生産日報(見える化)

タブレットでの実績入力

現場にタブレットを置き、日々の生産状況、実績を入力することでデータの一元管理を実現しています。