Foam molding by polyurethane

環境にやさしいノンフロン断熱発泡(シクロペンタン発泡)

飲料ディスペンサー用タンク(ブロー成形品+硬質発泡ウレタン複合品)

より高い断熱性能/断熱技術をもった硬質ウレタン断熱材が幅広く使用される様になってきました。

そこで当社では、環境調和を図るため、シクロペンタン発泡(オゾン破壊係数がゼロ、地球温暖化係数が極めて低い材料を使用)設備を1994年に国内でいち早く導入して参りました。

発泡ウレタンについては、約40年の歴史があり、長い年月の間で断熱性能/断熱技術を高め、オープン発泡や多段プレス発泡といった高圧発泡手法を用い、性能面では熱伝導率初期値0.021W/mkを実現し、お客様の要求性能にマッチングする様にコア密度も設定しています。

TADAPLAのSDGsの取り組み

TADAPLAでは環境にやさしい成形技術で、ものづくり企業としてSDGsに取り組んでいます。
当社が使用している硬質ウレタンは、断熱性、環境性に優れた高機能ウレタン(シクロペンタン材料)を使用し、ノンフロン処方です。
また、オゾン層破壊係数0「ゼロ」で、地球温暖化係数が極めて低くなります。

エネルギーをみんなにそしてクリーンにすべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
気候変動に具体的な対策を気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

製品、形状に合わせた発泡ウレタン成形技術

当社では、オープン発泡、多段プレス発泡、BOX発泡といった発泡ウレタン成形技術と設備を有しています。
ウレタンの特性である、軽量、断熱性といった機能を活かし、家電製品、生活用品等に応用して素材から用途の提案を行っています。

オープン発泡
クローズ発泡(多段プレス)
BOX発泡
小型注入器特殊成形ライン

ウレタンの特性が活かせる製品のご提案から使用用途や使用環境に合わせて、形状や成形方法をお客様のニーズに合わせてご提案いたします。ご要望に応じて、自社内に開発環境を整え、ソリ、変形の防止など成形技術の開発にも力を入れています。 また、曲線形状の変形したフロ蓋製造技術はTADAPLA特有の技術です。

製品実績

断熱フロフタ(クローズ発泡)
クーラーボックス(BOX発泡)
クール便宅配ボックス(BOX発泡)

成形サイズ

単位(mm)
オープン発泡 1540 1030 100
1500 1030 200
クローズ発泡(多段プレス) 1300 3000 80
1300 3000 140
1300 3000 170
BOX発泡
(少量生産・試作検討用)
サイズ ご相談下さい

※ 各設備の生産可能寸法は、形状により異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

自社開発製品

自社開発断熱フロフタ 環境にやさしく、軽さと断熱性(熱伝導率0.021w/mk)を兼ねたウレタンを使用し、長年培った技術、そして「発泡ウレタンを使用し、顧客の望むフロフタを作る!」この強い熱意から ”高断熱と高剛性” を両立した断熱フロフタが誕生しました。

断熱フロフタ実験室等も設置し、(財)製品安全協会(SGマーク)の工場登録・型式認定 を受けております。

現在では、浴槽の曲面形状に合わせた ”変形断熱フロフタ” の開発に成功し、積極的に顧客ニーズの対応しております。また、さらなる改良のため、現行の性能を保ったままの“風呂蓋の軽量化”をめざし、研究・開発に努めております。